加湿空気清浄機を24時間稼働中 20200320

マスクを購入しようとしても品切れで手に入らない昨今、どうしたものかと悩んでいたとき、思いついたのが、空気洗浄機の設置だった。

インターネットでアマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングなどで検索したり、レビューを参考にして最終的に選んだのが、ダイキンの「ストリーマ空気清浄機」。

性能として、「花粉」、「ホコリ」、「PM2.5」、「ニオイ」などを清浄してくれます。

現在猛威を奮っている、新型コロナウイルスはコロナウイルス。

コロナウイルスは、乾燥に強いということなので、加湿した方がいい。

この「ストリーマ空気清浄機」には加湿機能もついている。

空気が乾燥すると、人間の口や鼻の呼吸器系の粘膜が乾燥してしまい、ウイルスなどの感染に対する防御機能が低下してしまうということなので、加湿することでその防止にも役立つはず。

ダイキンストリーマ空気清浄機

購入するときに筐体がでかいなあと思っていて、部屋に置いたら邪魔になるかなとか思っていました。

実際設置してみたら、うれしいことに室内によく馴染んでまったく気になることはありませんでした。

室内の空気清浄はこれでよしとして、あとは、外出時は人混みを避けることを意識する、また頻繁に手洗いやうがいをして感染しないようにしていこうと思っています。


2020/4/5 追記

空気清浄機2台目を設置しました。

パナソニック加湿空気清浄機

パナソニックの加湿空気清浄機F-VC70XSです。

「花粉」、「ハウスダスト」、「ニオイ」、「PM2.5」などを清浄してくれます。

ダイキンではなく、このパナソニックの機種を選んだ理由のひとつして、「ナノイーX」を搭載しているところが気に入ったからです。

この機種も大きくて、購入前に気になっていましたが、こちらも設置しても気にならなかったです。

ダイキンのずんぐりむっくりタイプではなく、スリムなデザインということもあり、まったく気にならない。

あと、この機種でおもしろいのは、空気を取り込むために前面のパネルが前に出てくるところです。

ギミックが好きなケイゾクにはこの動作が気に入っています。

ダイキンの「ストリーマ空気清浄機」も問題なく稼働してくれています。

このダイキンくんの方は、サーキュレートするためだと思われますが、ときどき風量マックスでサーキュレートをはじめます。

この風量マックスでのサーキュレートはなかなかの爆音です。

何の前触れもなく始まるので、最初の頃は「なんだ?、なんだ?」とびっくりしていましたが、最近は慣れて、「また始まったか」くらいで気にもならなくなりました。

最新情報をチェックしよう!